Bonjour 森下奈美 のブログへ。

http://blog.namimorishita.com
info@namimorishita.com

<< 春の訪れ | main | 母校の創立140周年記念 プログラム >>
ラフマニノフ 鐘
露の作曲家ラフマニノフピアニストであり作曲家は今年140周年を迎えます。

中でも鐘が有名で、浅田真央さんが選んだ曲でもあります。

元々は彼女のコーチ露人タラソワさんの旦那様はチャイコフスキーコンクール優勝者でもあるピアニスト。

ロシアに深く根付く鐘
民族的なものもありますが
煩悩の鐘であったり。

この曲は自分で演奏するのはとても好きですが
お客様が聞いたあと、どんなものになるのか
とても心配になるのです。
重く、暗く
喜びを感じて下さいというところとは真逆。。。

伝えたいことのメッセージ色の濃い音楽を
聞いてもらいたいという気持ちはあるのですが。

来週に私の母校140周年を迎えます。
同じなので是非演奏したいのですが。
小学生にとって重かったらと。

以前ミッキーマウスがラフマニノフの鐘を演奏する映像があるそうです。
実際ラフマニノフ自身もその映像をみて機嫌が良かったと記録にはあります。

モノクロミッキーがラフマニノフを弾いている映像があれば
小学生にはいいのですが。見つけた事はないです。
残っているのかな。

19:17 MUSIC comments(1) trackbacks(0)
COMMENT
codaは鍵盤の上でビブラートかけたろかと思うほど、希望の塊やから、子供にもわかると思う。
官能的やし、壮大やし、生きることの弱さや強さを感じる表情豊かな曲だから昔からよく弾く。
子供達に弾いて弾いてー。
yoko | 2013/02/20 11:46 PM









Trackback URL
http://blog.namimorishita.com/trackback/1226048
TRACKBACK